いとちゃんとテツくんについて


せつこさんより今後は自分で里親探しをしますとの連絡がありました。

本当はテツくんが正式譲渡になった後にご報告する予定でしたが

次のふれあい会に、いとちゃんへのご支援を持って来てくださる方がいると

申し訳ないのでこの時点でご報告させていただきます。



経緯は以下の通りです。


ponoでは預かりの方が集合住宅の場合規約の確認をさせていただいています。

頭数制限まで確認をしています。

せつこさんはあくまで保護主ですが、ponoで里親募集をする以上

せつこさんにもご自宅の規約の提出をお願いしたところ

本来の飼育可能頭数は1頭までとなっていました。

私達の方で空きが出来次第いとちゃん、テツくんの移動をさせて欲しいとお願いしましたが、

ご近所の方が2頭飼ってて大家さんに許可をもらってるので大丈夫ですとの話だったのですが

又聞きではなく自分で大家さんに一筆書いてもらって許可を一応もらって来ていただきました。

でも、やはり里親様に規約の確認をさせていただいている以上

私達もルールは守らなければいけないのでそのままにしておく事は出来ないと再度伝えました。


飼ってはいけない場所で飼う事や、多頭飼育崩壊、頭数オーバーで捨てられる子達がいる中で

ボランティアをする側だってルールは守るべきです。

気軽に始めて良いことではありません。


移動に関しては状態の悪い子やトリミングが必要な子は

私かなーちさんの家で預かっているので当初より移動の提案をしてきました。

これから暑くなるのでキャリーに入れて1時間指定の病院に行っていただく事も

いとちゃんには負担がかかりますし、

エミの脱走の件もあり遠くだと何かあった時にすぐに行けないという問題もあったので

その事もお伝えしましたが、

私が家が遠いのは初めから分かって知っていますよね?と言われ

この時も受け入れていただく事が出来ませんでした。



また、過去の話ではありますが

保護犬の術後の抜糸をせつこさんがしていたのでは?と情報が入り

ご本人に確認したところ

当初元保護主に言われるがままに1頭だけやりましたと話してくれましたが

日を追うごとに頭数が増え複数頭の抜糸を自分で行っていた事が分かりました。

私達は命を預かっています。

いくら保護主に言われても、やって良いこと悪いことの判断は自分で決めるべきです。


他にも様々な事がありましたが、

皮膚だけでなく歯の状態も悪いいとちゃんの事が兎に角心配だったので

こちらで預からせて欲しいと私達だけでなく他の方にも協力していただいて何度も伝えて来ましたが

せつこさんの方から5月下旬に

ponoの方針は自分には合わないから辞めますと連絡がありました。

あくまで保護主はせつこさんなので、無理やり引き離す権利は私達にはありません。

話をしていて、せつこさんはブログの印象とは違いとてもとても強い方です。

なので、これからもいとちゃんの為に保護主として頑張って頂けると思います。

勿論、今でもいとちゃんを預けてくれるのであれば

受け入れる準備はしているので困った時は相談して欲しいと思います。



テツくんの譲渡に関して

お声がかかった時点で全て一任して欲しいと申し出があったので

全てお任せしておりこちらは現在感知しておりません。

トライアルも始まったので良いご縁が繋がる事を祈っています。


医療費については、せつこさんより全額お支払いしますとの連絡がありましたが

4月のメディカルの費用、いとちゃんの療法食、シャンプー代はponoで負担させていただき

せつこさんには、

テツくんの医療費といとちゃんの5月の検査の際の費用をお支払いしていただきました。

通帳は後日記載致します。

また、5月の収支報告にてテツの鑑札代と消費税が抜けていたので訂正させていただきました。


このような形になり応援していただいた皆様には大変申し訳ない気持ちです。

最後までいとちゃんをケアして里親様に繋げられず申し訳ございませんでした。

ご質問等は直接お問い合わせいただければ全てお答えいたします。