ご報告


先日個人で保護活動をされてるあやさんの件で

保護っ子基金のピさんより謝罪をいただきました。

これ以上の謝罪は求めませんが気になる事等がある時は

直接確認していただく事を約束していただきました。

また、あやさんはこの件で一切悪くありません。

なーちさんやponoの為に疑問に思った事を書いてくださっただけです。

とても真摯に保護犬に向き合い一生懸命活動をされています。

保護犬達への気持ちの温度差は同じ活動をしていてもズレを感じる事の方が多いですが

あやさんは本気で取り組まれているのが伝わりますし頑張って欲しいです。

私達は、大きな支援をする事は出来ませんが

ゆめなちゃんにご縁が繋がるまで、出来る範囲の支援をさせていただこうと思っています。

次のふれあい会にゆめなちゃんも来てくれるので

ゆめなちゃんの事が気になる方は是非会いに来てください。



ここからは、ponoの今後の活動についてご報告です。

来週以降、センターより3頭の保護を予定していますが

この子達の里親様が決まった段階でponoの保護活動を終了させていただく事になりました。

皆シニアの子達なので少し時間がかかるかもしれませんが、年内を目処にしています。

このような形になり応援してくださった皆様には申し訳ございません。

心の糸がプツリと切れてしまいました。

これから引き出す子は辞める決断を下す前に引き受ける予定になっていた子達なので

この子達に関しては最後まで責任を持って里親様に繋げます。


今までどんな事があっても前を向いて目の前の保護犬達の為に真面目に取り組んで来ました。

その中で犬を捨てた人間だけでなく、いい加減な保護や譲渡で傷ついた子達を何度も見てきました。

傷ついたのは人ではなくボロボロにされた犬達です。

自己満足に利用された犬達です。

そんな人間を許せる程私は出来た人間ではありません。

このまま続けていれば私達で助けてあげれた子達がいると思うと

見捨ててしまうようで今はとても胸が苦しいです。


里親様達、そして卒業犬達には

里帰りする場所が無くなってしまうのはとても申し訳ないですが

今後も勿論フォローもケアもさせていただきますのでご安心ください。


そして、これまで沢山の支援者様や里親様に支えていただいた事で活動を続ける事が出来ました。

女王様のジャーキーの皆さん、手芸部の皆さん、ponoのスタッフの皆さん、

いぶパパ、桜桃ちゃん…

感謝してもしきれない程助けていただきました。

もう少しだけお世話になりますがよろしくお願いします!


現在保護中の、どんべえ、モモコ、ムーちゃんについては

新しい子達が決まった段階で、里親様に繋ぐ事が出来なければ

私となーちさんが引き取ります。


これに伴いフリマ用品のご支援は全てストップさせていただきます。

既にご準備していただいた方の分は、申し訳ございませんが有り難く使わせていただきます。

今まで本当に沢山の温かいご支援をありがとうございました。


ふれあい会には是非どんべえとモモコ、ゆめなちゃんに会いに来てください!