里親募集中の保護犬達

現在保護犬3頭、保護猫1匹の里親様を募集中です!

写真をクリックすると各預かりのブログに飛びます。

保護犬猫の日常は各ブログを見てください。

里親希望のお申込みはブログと譲渡条件を

しっかりお読みになり

里親アンケートからお申込みください。


ご質問等は、
ponoメールフォーム
からお問い合わせください。

シー・ズー 

仮名 どんべえ


平成19年9月9日生まれ  10歳  体重4.2kg→4.5kg→5.0kg→5.2kg

血液検査 済  

フィラリア検査 陽性

混合ワクチン 済

狂犬病ワクチン  済

駆虫薬  済

心雑音 あり

耳 右耳…慢性外耳炎 ポリープあり

去勢 未 ⇒ 済

センターから引き出しました

センターへは飼い主持ち込みによる引取りです。

最初の飼い主の入院の後知人が引き取りましたが

その方も介護施設に入ることになり

娘さんが引き取ったそうですが子供にアレルギー出てセンターへ

心臓の状態ですがかなり悪いです。

徐脈ぎみで脈が遅く

左僧帽弁閉鎖不全症からの

右三尖弁閉鎖不全症でステージB2ぐらいで投薬の開始時期に来ていた為

お薬2種類の投薬を開始しました。

6/27現在…三尖弁と僧帽弁の両方が押し合っていて

上手くバランスが取れているので安定しています。


フィラリアですが、数はそんなに多くなく弁にも引っかかっていないので

緊急性はありません(1/17現在)

左目の肥大ですが緑内障によるものです。

今後痛みやもっと目が飛び出てくるようであれば

義眼も検討した方が良いそうです。

3/8 義眼の為の手術と右入口のポリープを切除しました

また、術後右目も緑内障による痛みが出始め視力も無くなったので

7/9 義眼にしました。


右耳の入口に少し大きなポリープがありましたが切除しました。

中の方も小さいイボがポツポツあります。

この為外耳炎になりやすく継続的に治療が必要です。

当初はガリガリでしたが1kgほど体重が増えました。

まだ背骨がゴツゴツしていますが心臓も悪いので

あまり体重は増やす必要はなさそうです。


追記

2/19 右耳 細菌培養検査…緑膿菌陽性

点耳薬にて治療中

3/3 副腎の肥大が見られる為ACTH刺激試験実施 

検査結果は陰性でしたが2ヶ月に一度程度の定期検査が必要です。

3/8 義眼の為の手術と右入口のポリープを切除しました

3/30抜糸完了

7/9 右目 義眼と去勢を行いました

8/2 右目抜糸終了


どんべえはコズコズの家で預かります


もなかちゃんと一緒に他団体より

保護しました。

2017年8月19日生まれ

2017年11月16日 混合ワクチン 済み

心雑音 なし

駆虫 済

レボリューション 済

去勢 済

血液検査等、再度受診予定です。

当会では猫についての譲渡は経験不足の為

お世話になってる猫ボラ団体様にご協力をいただいて里親探しを行います。

・推定年齢7歳 ・男の子

・体重3.1kg ・去勢済

・血液検査 異常なし

・フィライア検査 陰性

・駆虫薬 済

・ノミ・ダニ フィラリア予防7月分 済

・混合ワクチン 済

・狂犬病ワクチン 済

・マイクロチップ 済

・耳 異常なし

・心雑音 異常なし

・体に数箇所イボあり 異常なし

センターへ迷子犬として収容されました。

写真で見たときはかなりボサボサでしたがボランティアのトリマーさんに

綺麗にカットしてもらってとっても可愛いくなりました◎

当初、左心房に中程度の心雑音があり僧帽弁閉鎖不全症かも?

との話でしたが引き出して医療にかけると

呼吸の音が少しスースーっと聞こえる程度で特に問題はなさそうです。

本犬もとても元気にしています。

マルチーズが入っているので今後心臓に問題が出てくる可能性も捨てきれないので

病院に行く時には定期的に心音の確認等は行っていただきたいと思います。

性格は明るくて人懐っこいですが、自分から挨拶に行く方が好きです。

体のどこを触っても嫌がりませんが、口を開けるのだけは唸ります。

攻撃的と言うわけではありません。

犬はあまり得意ではないらしく他の子に混ざって遊ぶような感じはなく

どちらかと言うと少し距離を保っています。

犬よりも人の方が好きそうです。

ご飯はとてもゆっくりですが、カリカリのフードも食べます。

トイレはシートの認識はなさそうですが今後様子を見て行きます。

歯の状態は重度とまではいかないものの汚れているので

様子を見てスケーリングを行います。

メープルくんは、ゆうさんの家でお世話になります。


・推定年齢9歳  ・男の子  

・去勢済  ・体重3.8kg

・血液検査 異常なし

・フィラリア 陰性

・駆虫薬 済

・ノミダニ フィラリア予防 7月分済

・混合ワクチン 済

・狂犬病ワクチン 済

・マイクロチップ 済

・心雑音 なし

・耳 異常なし

・歯 多少の汚れはありますが治療が必要な状態ではありません。

・右前脚脇に少し大きめな脂肪腫がありますが、今後注意して見て行きます。

・左右膝蓋骨亜脱臼で外れたままになっていますが右は全く問題なく左はグレード1~2の間で

 特に治療の必要はありません。

※兎に角カリカリのフードを食べません。

 手作りのものから始めて少しずつ食べれるようにして行きます。

※普段はとても穏やかで仔犬のように遊びます。

 おもちゃや他の犬よりも人と遊ぶのが好きですが、

 顔の前に手をかざしたり、体を急に触ると目をギュッと瞑り体に力が入ります。

 手をあげられてたり怖い思いをしていたのかもしれません。。。


トライアル中&一時募集停止の子達

繁殖引退犬 他の団体より保護しました。

2012年5月1日生まれ 5歳(証明するものはありません)

体重5kg

混合ワクチン 済 (証明書はありません)

狂犬病ワクチン 済

フィラリア検査 マイナス

駆虫薬 済

血液検査 異常なし

心雑音 なし

検便 異常なし

※心雑音はありますが、脈拍がかなり遅く微脈状態です。

甲状腺の疑いもありますが、抜け毛については産後間もないとの情報もあり

体重が増えてきているのでもう少し様子を見て再検査をします。

・少し神経質な面があり物音に吠え

 要求吠えもありますが、外は慣れていないので散歩中に人や犬に対して吠える事はありません。

・男の人が苦手です。

・トイレは50%成功するぐらいで、外での排泄はできません。


エミはコズコズの家で預かります



・性別 女の子

・年齢 H18.03.19 12歳

・体重 5.8kg

・混合ワクチン、狂犬病ワクチン 済

※2018.07.126種混合ワクチン接種

・フィラリア検査 陰性

・血液検査 異常なし

・心雑音 なし

・避妊 不明

・歯 とても綺麗な状態です。

・耳 異常なしですが外耳炎の治療形跡ありのため要観察

・悪性上皮性腫瘍?(未確定)

・他シーズーによくあるイボは数箇所ありますが

皮膚そのものの状態は特に問題ありません。

飼い主死亡によりセンターで引き取られました。

腹部に10センチ程度の腫瘤があり一部自壊が始まっています。

元の飼い主さんが病院に行き検査までしていましたが

血液が止まりにくい体質の為、手術困難と病院側で判断をされたそうです。

細胞検査にて悪性上皮性腫瘍と診断されたようですが

病理検査に出せていない為確定されたわけではないようです。

改めて血液検査をしましたが今のところ特に問題はなく

様子見で良い範囲のものでした。

一部自壊も始まっていてこの先膿んでくる可能性も高い為

2週間程度様子を見て状態が良ければ血液の凝固検査を行います。

結果が良ければ取れる範囲で取り除く手術が出来ればと考えていますが

決して無理な事はせずにかかりつけの先生と慎重に話を進めて行きたいと思います。

これだけ腫瘍が大きくなっていて時々舐めたりしていますが

本犬は至って元気です!

性格は少し頑固ですが穏やかでのんびりしています。


追記

4/12 悪性上皮性腫瘍の切除をしましたが

病理検査の結果乳腺腫瘍の中悪性でした。

患部は綺麗に取り切れているので今後は1年間

定期的にレントゲンの検査を行います。


※6/25現在再発はありません。


モモコちゃんはコズコズの家でお預かりします